いかなるときに延滞税が課税されるのか
Q.国税を決められた期限内に納付しない場合には、法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて延滞税が課税されるのが原則であると聞きました。例えばいかなるときに延滞税が課税されるのかを教えてください。

A.延滞税が課税されるのは、例えば次のようなときです。
1.期限後申告書又は修正申告書の提出をした場合で、納めなければならない税額があるとき。
2.更正又は決定の処分を受けた場合で、納めなければならない税額があるとき。
3.申告等で定まった税額を法定納期限までに完納しないとき。
 上記のいずれのときにも、法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じた延滞税を納付することが必要となります。

 ちなみに、延滞税の課税は、本税のみを対象にしています。それゆえ、加算税等に対しては延滞税の課税が行われません。