信書便で確定申告書を提出するときの提出日
Q.郵便か信書便によって確定申告書を税務署に提出するとき、提出日とされるのはいつなのかについて、教えてください。

A.そのようなときに提出日とみなされるのは、その郵便物か信書便物の通信日付印により表示された日です。
 
 ちなみに、郵便・信書便以外によって確定申告書を提出するときに提出日とみなされるのは、その確定申告書が税務署に到達した日です。
 例年3月15日が所得税の確定申告書の法定申告期限となっています。ただし、同日が土曜日か日曜日であるならば、その翌日が期限とみなされます。

税務上の申告書・申請書・届出書は「信書」(特定の受取人に対して、差出人の意思の表示をし、又は事実を通知する文書のことをいいます)に当たりますが、日本郵便株式会社、一般信書便事業者及び特定信書便事業者以外の業者は信書の送達をしてはならず、また、どのような人も信書の送達を禁じられている業者に信書の送達を委託してはならないということが、規定されています。
 したがって、確定申告書及びその添付書類を税務署に送付するときには、荷物扱いで送付することは不可能であり、郵便物(第一種郵便物)又は信書便物として送り届ける必要があります。