相続財産分割が終わっていない場合の相続税計算
Q.相続税の申告期限内に相続財産の分割が終わっていなくても、その期限内に申告と納税をしなければならないとのことですが、この場合、いかにして相続税を算出すればいいのかについて、教えてください。

A.相続税の申告期限、つまり被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内までに相続財産の分割が終わっていないのであれば、各々の相続人等が民法に規定のある相続分又は包括遺贈の割合に沿って財産を取得したものとみなして相続税を算出し、申告と納税を行います。

こうして初めの申告時は民法に規定のある相続分又は包括遺贈の割合に沿って申告をし、その後相続財産の分割が行われて、その分割を基に算出した税額と初めに申告した税額に差異が生じることになったときは、実際に分割した財産の額を基にした修正申告又は更正の請求が認められています。
 初めに申告した税額を実際の分割に基づく税額が上回るときは修正申告が可能であるのに対して、初めに申告した税額を実際の分割に基づく税額が下回るときは分割がなされたことを知った日の翌日から4ヶ月以内に更正の申告をすることが可能です。

そして、相続税の申告期限内に相続財産の分割が終わっていない場合は、初めの申告の際には、相続税の特例といえる配偶者の税額の軽減の特例や小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例等の適用を受けることは認められていません。
ただし、初めの申告の際に一定の書類の提出をしておき、原則として相続税の申告期限から3年以内に相続財産の分割が行われたときには、分割がなされた日の翌日から4ヶ月以内に更正の請求をすれば、これらの特例の適用を受けることができます。