青色申告の承認を受けようとする時の手続き
Q.不動産所得、事業所得、又は山林所得のある人は所得税の申告に際して青色申告を選択できるとのことですが、青色申告の承認を受けようとする場合は、どのような手続きを行うのが原則ですか?

A.原則としてその年の3月15日までに、「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出することとなります。

ちなみに、新規に開業し、その年の1月16日以降に新しく業務を始めた場合、業務を始めた日から2ヶ月以内に、青色申告承認申請書を納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。

 なお、白色申告者であった被相続人の業務を相続によりその年の1月16日以降に承継した場合には、業務の承継をした日から2ヶ月以内に、青色申告承認申請書を納税地の所轄税務署長に提出しなければなりません。

 また、青色申告者であった被相続人の業務を相続により承継した場合には、被相続人の死去による準確定申告書の提出期限である相続の開始を知った日の翌日から4か月以内(ただし、その期限が青色申告の承認があったものとして取り扱われる日後に到来するときには、その日まで)に、青色申告承認申請書を納税地の所轄税務署長に提出することが必要となります。
 上記の青色申告の承認があったものとして取り扱われる日については、青色申告の承認を受けようとする年の12月31日(その年の11月1日以降に新しく業務を始めたときは、その年の翌年の2月15日)までに処分の通知がないときには、承認があったものとして取り扱われます。
ゆえに、被相続人が青色申告をしていた場合には、被相続人の死去した日が、その年の1月1日から8月31日までであれば死去した日から4ヶ月以内に、その年の9月1日から10月31日までであればその年の12月31日までに、その年の11月1日から12月31日までであれば翌年の2月15日までに、青色申告承認申請書の提出をすることが必要です。