無申告加算税の金額の計算はどのように行うのか
Q.期限が過ぎてから所得税の確定申告をしたり、所得金額の決定を受けたりしたときは、本来納める税額以外に、無申告加算税がかかるとのことですが、無申告加算税の金額の計算はどのように行うのでしょうか?

A.無申告加算税の金額の計算については、納付すべき税額に対し、50万円までは15%の割合を、50万円を超えるのであれば超過部分は20%の割合を乗じて計算します。
税務署の調査を受ける前に自主的な期限後申告を行うと、5%を乗じて計算した金額に無申告加算税が軽減されます。

ただし、期限後申告のうち、次に掲げる全ての要件に該当するものに関しては、無申告加算税の課税が行われません。
1.期限内申告を行う意思があったと判断される一定の場合に当てはまること。
この一定の場合というのは、次の(1)と(2)のどちらにも当てはまる場合のことをいいます。
(1)その期限後申告に係る納めるべき税額の全額を法定納期限内に納付していること。
(2)その期限後申告の提出を行った日の前日から起算して5年前までに、無申告加算税又は重加算税の課税をされたことがなく、かつ、期限内申告を行う意思があったと判断される場合における無申告加算税の不適用を受けていないこと。
2.その期限後申告が、法定申告期限から2週間以内に自主的になされたものであること。